一般のお客様

LAST UPDATE: 2008.04.01

 家造りの進め方

オファーから引渡しまでエムカーヴェー一級建築士事務所の仕事の進め方をご説明します。 ※あくまで目安です。場合によって変更することがあります。

^様

まずはお気軽にご連絡ください。 このHPをご覧になるなど、「エムカーヴェー一級建築士事務所に依頼してみよう」となりましたら、そこから設計がスタートします。 質問などがございましたら、お気軽にメールまたはお電話ください。 また、事前の敷地選び、予算、法規などの建築相談も初回は無料で承っています。

DSCF0008.JPG


⊇蕾鸞嚢腓

メールや電話等によってある程度の確認をした後、初回打合せとなります。お互いに顔を合わせて、雑談も交えながらゆっくりと、建物に対する考え方など お話します。出来れば依頼者同伴で、同日もしくは後日に敷地を確認します。 その後法規の調査・確認や要望,内容,各条件,予算などを数回にわたって打合せをします。どんな小さな要望でも遠慮なく教えてください。

プレゼン・契約

初回打合せの結果や法規制等のまとめたラフプラン、スケッチ等を提出します。 ここまでは、今のところ無料でさせていただいています。 方向性を確認し、お互いに気持ちよく仕事が出来そうだと感じ、設計を任せていただけるのでしたら、ここで書面による設計契約を結びます。 なお、これ以降設計契約をキャンセルの場合には基本プラン作成費等をご請求させていただきます。

ゴ靄楡澤

基本設計とは,今までの打合せ内容や土地の条件、法規制などを吟味し、依頼者の考え方、設計事務所のアイデアを図面に反映していく作業です。 ここでの図面は今後の方向を決定してしまうので、かなりの労力を必要とします。 そのため数回〜数十回の打合せを必要とします。 また、基本設計図をもとに概算の見積を提出します。その内容によっては仕様の変更などを調整します。 どのような形になるか具体例として模型もしくはパースを提出します。 この時点で設計契約料の30%(第1回)をご請求させていだだきます。

Plans1.jpg (基本設計図面)


実施設計

実施設計とは工事に必要な図面を作成していく作業です。 例えば床はどうする、壁は自然素材にするといった具体的な仕様を決定していきます。 数回〜数十回の打合せを行い、密度を高めていきます。

DETSEC.JPG
(実施設計図面)


Т愀元ヾ悗某柔

工事の許可を取得するために関係機関に申請を行います。 許可の取得時点で設計料(第2回)50%をご請求させていだだきます。 なお、実施設計と申請は同時進行であったり、申請を先に行うときもあります。

┿楾業者の選択

実施設計ができあがったら工事をしてもらう施工業者を選びます。 依頼者の懇意にしている業者がいなければ、近辺を中心に実績、評判などを参考に施工業者数社を選び、工事見積を依頼します。 提出された見積内容をよく吟味した上で、最安値もしくは適正価格のところに決定します。

工事金額の調整

積算金額によっては、図面内容の変更といった調整作業を行います。

工事着工・上棟

施工者が決定すると、工事費の支払い時期などを調整し、事務所立ち会いの上で請負契約書を交わします。 着工に伴い地鎮祭、各業者を紹介します。工事中は設計図通りの施工をしているかなど、工事内容を確認、指示し施主に報告します。 また月に1回程度は施主にも出席していただき、工事の内容を確認してもらいます。 また、設備機器・照明器具などの仕様を決定していきます。 なお、構造体が出来上がり、上棟を迎えるころ、中間検査が必要な場合があります。 また見学会をお願いする場合があります。
DSCF0001.JPG


完成・引渡し

建物が完成したころ、施工業者は自主検査を実施します。 その報告を元に事務所・施工業者とで完成検査を行い、指摘箇所修正後引渡しとなります。 引渡し時には施工業者から必要書類一式,そして事務所からは現場監理報告書を提出いたします。 なお、引渡し前に写真撮影,見学会をお願いする場合もあります。 建物引渡し時に設計料(最終)20%をご請求させていたただきます。

その後

引渡して1年ほどたったころ、1年検査を事務所,施工業者とで実施する場合があります。雨漏り、不具合ヶ所などを確認,補修します。 また、使用状況の調査をお願いする場合もあります。

以上が設計・監理業務のおおまかな流れです。

補足として

・リフォーム工事の場合

リフォーム工事でも基本的には上記の手順と同じですが、工事の性質上、どうしても当初設計段階では無かった問題が、 解体した段階で発見されたりして、思わぬ設計変更が起こったりします。

・遠隔地工事の場合

遠隔地工事の設計でも、ご縁があれば可能な限りお請けいたします。今はコミュニケーション手段が発達し、施工業者とEメールで工事写真のやり取りも出来ますので、 以前のような距離感を感じることは無くなりました。

設計料について

・設計料については、建物の規模、工事費などから算定します。物件ごとにお見積りいたします。

それでは、よろしければ次に実際の作品など見てください。